AGA治療は殆どが保険適用外です

保険 AGA治療に伴う費用は、例外なく保険適用外です。AGA治療が保険適用外である理由はいくつかありますが、中でも大きな理由として挙げられる理由は二つあります。

まず、そもそもAGAは医療の観点からは治療が必要な病気ではないと解釈されている点です。AGAは、男性型脱毛症なので男性ホルモンの分泌量が重要になり、それによって脱毛症になるかどうかが決まってしまいますので本人にはどうすることもできません。一見すると、治療の必要性がある病気に見えますし、実際に放置していると脱毛が進行してしまう可能性も高いです。

しかし、AGAは放置しておいたとしても外見上の容姿は別として、身体的に何らかの悪い副作用を引き起こすものではありません。髪の毛が抜け落ちていくだけで、治療をしなくても日常生活を送ることはできます。AGAに限らずこうした容姿の問題は、医療の現場では治療行為ではなく本人のコンプレックスの問題であると考えられています。ですから、それを治すかどうかは本人の意思次第になっており、これに保険を適用することはできないというのが厚生労働省の考え方です。

そして、もう一つ重要なのが先進医療に関する分野がAGAには多分に関わることです。厚生労働省は、先進医療に関する分野については保険を適用させることができないことを宣言しています。これは、厚生労働省のホームページからでも簡単に確認できます。

先進医療の分野は、世界的に確立された治療法ではなく実験的な意味合いで取り入れられている治療という側面が強いです。日本の保険制度は、一般化されて大衆にも効果があると判断された時に保険の適用が検討されますので、実験的な先進医療に関しては保険を適用することができません。

AGAだけに限らず、がん治療などで新しい治療法を受ける際には莫大な費用が必要になりますが、これは先進医療が全額自己負担で支払わなくてはいけないからです。そのため、先進医療を含んでいるAGAではほぼ例外なく保険の適用はないです。

どうすればAGA治療の費用を抑えられる?

AGA治療の費用を抑えるためには、長期的に費用をどのように抑えていくのかを考えていく必要があります。内服薬、植毛、HARG療法、そしてジェネリック医薬品とAGA治療の手段はいくつかありますが、例外なく治療には長期的な時間が必要になります。そのため、長期的に費用が大きくなるものは避けておくべきです。

一般的なクリニックの治療では、内服薬や植毛、そしてHARG療法という三つの療法が利用されます。ただ、どの療法を利用したとしても保険適用外になってしまい自由診療で治療を受けなくてはならないことに違いはありません。それぞれの治療法には相場が存在しますが、どの治療法を利用したとしても年間で継続して治療を続けていくと数十万円のお金は用意する必要があります。

一方で、ジェネリック医薬品を利用すると費用をかなり小さくできる可能性が出てきます。AGAのジェネリック医薬品は日本国内では流通していませんが、個人輸入を利用することで海外から直接購入することができます。相場としては、国内の医薬品の半値以下のものもあるくらいです。

ジェネリック医薬品は、先発医薬品の成分を模倣した医薬品であるため正規品であるのならば費用が安くても効果は抜群です。実際に、海外ではこうしたジェネリック医薬品を使って治療を進めているところもあります。

ただし、個人輸入でジェネリック医薬品を購入する際にはその商品が本物であるかどうかを必ず確認しなくてはいけません。日本国内の医薬品と異なって保証が存在しませんので、服用することによって生じる身体的な副作用に関しては、誰も責任をとってくれません。

当然ですが、違法な方法で手に入れることも販売することも罪になりますので、利用する際には法律の範囲内で正しく使う必要があります。