AGA治療は早期開始が良い理由

男性型脱毛症であるAGAは放置していても、自然に治ることはありません。男性ホルモンや遺伝の影響で症状は進行していくため、治療を開始するのが遅くなると、その分スタートが遅くなってしまうからです。

そのため、AGA治療は早期開始が重要になります。早期開始することで、毛母細胞の寿命がなくなる前に治療を始めることができます。毛母細胞と言うのは、毛を作り出す元になる細胞です。どの細胞も、加齢とともに分裂が弱まっていき、50回ほど分裂を繰り返すと寿命になり、それ以上の分裂はできなくなってしまいます。50回の分裂に必要な年数は80年といわれています。

50回分裂した毛母細胞はどうなるのでしょうか。細胞は死んでしまいます。毛母細胞が死滅してしまっては、いくら治療を行っても髪の毛が生えてくることはありません。AGA治療では、お薬を飲んだり、塗り薬を使うと言った方法がありますが、反応できる毛母細胞がなければ意味はありません。

AGAの症状として、本来であれば2~6年ほどの寿命がある毛母細胞が、1年半ほどで寿命を迎えてしまうことがあります。短期間でどんどん細胞の数が減ってしまうので、脱毛効果は高まってしまいます。

AGA治療を受けるのに抵抗を感じる人は少なくありません。つい放置してしまうということもあるでしょう。AGAの症状の進行は、ハミルトン・ノーウッド分類という方法で進行度合いによって分けることができます。M型とO型に分けられ、それぞれの症状の進行が図になっています。自分の症状がどの程度か分からない場合は、ハミルトン・ノーウッド分類を調べてみるといいでしょう。

また、人間の身体というのは、細胞が代謝を繰り返しています。細胞分裂も活発だった子供の頃から、だんだんを代謝は減っていき、老化していきます。AGAも老化の一種と考えることもできますが、治療効果を上げるためには反応が出る若いうちの方がいいことが分かります。

AGAを放置してしまうと治療方法が限定されてしまう

AGAの症状は、ある日突然起きるわけではありません。体質や日常的な習慣によって少しずつ、しかし確実に進んでいきます。少しずつ進んでいくので、自分では気づきにくいかもしれません。それでも、鏡を見た拍子などに、以前よりも生え際が後退していることに気づきます。

自分がAGAだと認めることは、難しいことです。それでも、認めないことで治療が遅れてしまうと、毛母細胞はどんどん弱まってしまいます。毛母細胞があれば、男性ホルモンの中の抜け毛を促進する因子を抑えることで、毛が生えてくるようになります。飲み薬の中には、この因子を抑える成分が含まれていて、AGA治療の代表薬として知られています。

髪の毛のボリュームが減ってきたと感じたら、すぐにAGA治療を受けましょう。早い段階では、この因子を抑える薬を飲むだけで、症状は大きく変わります。ただ、この段階ではほとんどの人が受診せずに放置してしまいます。

放置すると、地肌が見えてくるなど症状は進んでいきます。飲むお薬だけでは治療効果は実感できなくなってしまいます。塗り薬との併用や、毎日の習慣を変えて行く必要があります。更に症状が進んでいくと、毛母細胞は弱まり、お薬を飲んでも反応はとても弱くなってしまいます。植毛などの積極的な治療が必要になるケースも増えてきます。

AGA治療は様々な種類がありますが、早期開始する場合と、そうでない場合は治療の方法や効果が変わってきます。放置していても、いいことはありません。地肌が見えてきた段階で、髪の毛の総量は半分ほどになっています。髪の毛の本数が減るだけでなく、1本1本が細くなっていくため、全体のボリュームは減ってしまいます。AGAに気づいたら、出来るだけ早く受診するようにしましょう。