AGA治療にかかる期間はどれくらい?

脱毛症 AGAとは男性によく見られる薄毛で、年齢とともに髪の毛の量が減ることはありますが、AGAは年齢が若くても髪の毛が抜けてしまうことがあり、頭頂部が円形に髪の毛が抜けて薄くなってしまったり、前髪が生えている部分が徐々に後退してしまいます。

AGAはヘアサイクルが乱れてしまうことでその進行します。ヘアサイクルというのは髪の毛が抜けかわるサイクルなのですが、通常3年から5年程度かけて髪の毛が抜けてまた新しい髪の毛が生えてくるのです。髪の毛は成長することで伸び、その期間が長ければそれだけ太く強い髪の毛になります。

髪の毛はいつまでも成長を続けるわけではなく、やがて成長が衰えてくる後退期を迎えます。そして完全に成長がとまる休止期となり、新しい髪の毛が生えてくると抜けかわるのです。このサイクルを3年から5年かけて繰り返しているのですが、ヘアサイクルが乱れてしまうと成長期が短くなるなど十分に成長することができなくなるのです。

髪の毛は成長期が短くなってしまうと十分成長することができず、細く弱い髪の毛になってしまうのです。髪の毛は細く弱くなるとボリューム感がなくなってきます。髪の毛を触っても以前のような髪のハリやコシを感じなくなります。細く弱くなるとやはり抜けやすい髪の毛になってしまい。抜け毛も多くなってきてしまいます。

AGAの原因としては頭皮の血行不良が考えられます。髪の毛は成長するために栄養分が必要となりますが、血行不良のために必要な栄養成分が髪の毛に行き渡らなくなるのです。ひとつは男性ホルモンの影響が考えられます。男性ホルモンが過剰に分泌されてしまうことでその成分が皮脂を過剰に分泌してしまい、血行不良を招いてしまうのです。

男性ホルモンは年齢が若い頃に分泌量が増えることが多く、その影響によって年齢が若くてもAGAになることがあるのです。男性ホルモンの分泌量や成分については遺伝も影響すると言われています。他に生活環境の変化によって頭皮の血行不良となることがあるため、早く気づいて治療を行うことです。

AGAと気づいたらどの治療法から試すのが良い?

AGAになると髪の毛のボリューム感がなくなってきたり抜け毛が多くなってきます。この段階で気づいて早めに治療を行うことが大切です。AGAを治療する方法はいくつかありますが、自分で行う方法や病院にいって治療を行う方法などがあり、それぞれ費用は治療期間が変わってくることになります。

まず治療を行う場合はヘアサイクルの期間を考えておくことです。通常3年から5年というヘアサイクルが乱れてしまいその期間が短くなってしまいます。髪の毛の成長を妨げている血行不良を治してヘアサイクルを元に戻す必要があります。治療には育毛剤がありますが頭皮に塗布するような育毛剤の場合は1年以上使い続け効果を検証する必要があります。

薬治療は育毛剤のように頭皮に塗布してその成分を浸透させるという方法ではなく、内服して体の中から効き目を出すという方法となります。薬治療は毎日決めたれた量を服用することで効果が現れてきます。育毛剤は1年程度使用しつづけなければなりませんが、薬治療の場合は半年程度でその効果が現れてくるようになります。

AGAを早く確実に治療するためには通院治療という方法が有効となります。その特徴的な治療方法として注入治療があります。注入治療は発毛や育毛に必要となる成分を直接頭皮に注入するという方法なのです。薬治療の場合は血液中にその成分が吸収されて頭皮に働きかけるという方法なので半年ほど時間がかかることになりますが、直接頭皮に作用させることができます。

AGAが進行してしまうと薬などの治療も難しくなってきます。このような場合は植毛を行うという方法になります。植毛は髪の毛を増やしたい場所など増やし方を相談することができます。一気に増やす方法や徐々に増やしていくという方法もあり確実に増やすことができます。