AGAを引き起こしやすい生活習慣とは?

髪の毛が薄くなってきたらAGAかもしれません。AGAは20歳代や30歳代でも抜け毛などによって髪の毛が薄くなってしまうもので、前髪が生えている部分はM字のように薄くなってしまったり、頭頂部の髪の毛が薄くなってしまいます。AGAは髪の毛が薄くなる場所に特徴があり抜け毛の量が増えて進行してしまうために早めの対策が必要となります。

髪の毛の本数は生まれた時に決まっていると言われていますが、その数はおよそ10万本ほどあります。髪の毛は毛根のから生えてくるもので、毛根の数が増えることはありません。髪の毛は常に成長して生え変わるというサイクルがあり、これをヘアサイクルといいます。生え変わるサイクルは4年から6年ほどです。

ヘアサイクルが正常であれば髪の毛は常に成長を続けて生え変わることになります。このサイクルには成長期と後退期、休止期というものがあります。正常なヘアサイクルであれば成長期にしっかりと髪の毛が育ち、太く強い髪の毛となります。そして成長が止まると後退期となり、休止期により脱毛して新しく髪の毛が生えてくるのです。

AGAはこのヘアサイクルが乱れてしまい、成長期に十分育つことができなくなってしまうのです。髪の毛が十分に育たないと短くて細く和やらかい髪の毛になってしまい、抜けやすくなってしまいます。通常髪の毛は1日に100本前後抜けていると言われていますが、このようなヘアサイクルの乱れによって髪の毛が細く弱く抜けやすくなり、早く後退期となり抜ける本数も多くなります。

季節的にも抜ける本数は変わってきますが、AGAはヘアサイクルの乱れが続いてしまい抜ける本数が多いままとなります。早く気づくことが必要であり、抜け毛が多くなっている、髪の毛が細く弱くなり髪の毛のボリューム感もなくなってきたら対策が必要です。まずヘアサイクルを正常に戻すことが重要であり、原因をしっかりと把握した上で改善を行う必要があります。

生活習慣によるAGAを改善する方法

AGAの原因のひとつとして生活習慣の影響があります。仕事をはじめてストレスが多くなってしまうなど過度なストレスは自律神経のバランスを乱してしまい血行不良を起こしてしまうことがあります。頭皮には毛細血管があり、髪の毛はその血管から栄養分を吸収して育つのですが、血行不良になってしまうことで栄養成分を吸収できなくなるのです。

生活習慣の変化が影響することはほかにもあります。食事も栄養バランスがとれているということが必要となりますが、油物中心の食事が増えてしまうことで皮脂の分泌も増えてしまい結果的に頭皮の血行不良となってしまいます。野菜類の摂取をしてビタミン、ミネラル、タンパク質など栄養バランスを整えて血行促進につなげることが効果的です。

喫煙やアルコールも影響があり、喫煙はタバコに含まれているニコチンに血管を収縮させてしまう成分があるために血行不良を引き起こしてしまいます。アルコールも過度に摂取してしまうと体への負担も大きくなってしまうため、毎日飲んでいる場合は飲まない日を作るなど対策が必要です。

睡眠不足は体の様々なところに影響を与えてしまいます。髪の毛の成長と睡眠には密接な関係があり、一般的に夜中に髪の毛は成長すると言われています。また睡眠不足によって体のエネルギー代謝がうまく機能しないなど髪の毛へもダメージを与えることになります。

AGAを改善するためには原因のひとつである生活習慣を見直すことが大切です。十分睡眠をとるということとストレスをためないということが必要です。例えば軽い運動を続けるというのは効果があります。喫煙やアルコールも過度に摂取しないようにすることと食事も栄養バランスを考えて摂取することです。