AGAになってしまう原因のまとめ

薄毛のおよそ9割の人は、AGAによる薄毛であると言われています。これまで、なぜ薄毛になるのかということはあまりよくわかっていませんでしたが、最近になってAGAの原因が判明しつつあります。

このAGAの直接的な原因として挙げられるものとして、まずDHTと呼ばれる男性ホルモンを挙げることができます。このDHTは遊離テストステロンが酵素の5αリダクターゼと結びつくことによって、生成されることになります。DHTが生成されると、人によってはヘアサイクルが乱れ、薄毛が進行します。

ヘアサイクルというのは、産毛状態の髪の毛が成長していき、一本の太くて強い髪の毛に成長した段階で新たな髪の毛に生え変わるというサイクルのことを言います。この一定のヘアサイクルのことを毛周期と呼びますが、DHTと呼ばれる男性ホルモンに影響を受けると、髪の毛が産毛の状態でしっかりと成長する前に抜け落ちてしまうという現象が引き起こされることになります。

ただし、AGAを発症するのは5αリダクターゼや遊離テストステロンの影響だけではなく、アンドロゲンレセプターと呼ばれる体内で分泌された男性ホルモンを受け取って細胞の中で変換させるシステムも関係してきます。このアンドロゲンレセプターの感受性が強いかどうかもAGAになるかどうかの分かれ道になってきます。ですから、単にDHTの生成が多いからと言って必ずAGAを発症するというわけではありません。

つまり、AGAは毛周期を乱す恐れのある男性ホルモンの一つであるDHTの生成が活発で、なおかつアンドロゲンレセプターの感受性の強い人がAGAを発症しやすいということが言えます。

現在はこういったAGAの原因がある程度解明されてきたので、DHTの生成を抑えることができる薬が認可され、多くのクリニックや病院出処方してもらうことができます。こういった薬を服用することで、少なくとも薄毛の進行を最小限に止めることができるようになります。

AGAは遺伝によっても発症してしまう

AGAになる原因の一つに遺伝を挙げることができます。ただし、家族の中に薄毛の人がいるからと言って必ずしも自分もAGAを発症するというわけではありません。AGAになりやすい体質が親から子へと遺伝する可能性はあるということが言えます。

AGAが遺伝して発症するかどうかは、2つの遺伝子があるかどうかがポイントになってきます。まず、一つ目としては、アンドロゲンレセプターの感受性が高い遺伝子を持っているという点を挙げることができます。AGAになる原因としては、ヘアサイクルを乱すDHTと呼ばれる男性ホルモンですが、このDHTはアンドロゲンレセプターと結びつくことによって薄毛が進行することになります。

二つ目としては、5αリダクターゼの活性度が高い遺伝子を持っているかどうかという点がポイントとなってきます。ヘアサイクルを乱すDHTと呼ばれるホルモンは5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結びつくことによって生成されます。ですから、5αリダクターゼの活性度が高いとDHTの生成も増え、結果的にAGAになる可能性が高くなると考えられます。

では、遺伝はどのくらいAGAと関係性があるのかというと、およそ80パーセントが遺伝によるもんだと言われています。特に母方の祖父がAGAによる薄毛である場合、遺伝する確率が高くなります。これまでの薄毛の遺伝子検査で分かったことは、X染色体にある男性ホルモン受容体遺伝子に変異があるということが分かっています。

男性の場合、XとYの2つの染色体をもっていて、X染色体は母親から受け継ぎます。AGAを引き起こす男性ホルモン受容体遺伝子はX染色体上にあるので、母方の祖父や祖母が薄毛であるとAGAになりやすい体質を受け継ぐ可能性が高くなると考えられます。