AGAである人の割合はどうなっている?

薄毛が気になる40代の男性 AGAは男性型脱毛症のことで男性によく見られる薄毛の症状です。髪の毛は年齢が高くなるに従ってその量が減ってきたりすることがあります。しかしAGAは三十代や四十代といった年齢から髪の毛が薄くなってくるのです。髪の毛が薄くなるといっても急になるわけではありませんが、気づきにくいということからいつの間にか進行してしまっているということがあります。

AGAは誰にでも発症する可能性があるもので総人口に対してその割合はかなり高い方でもあります。年代別にみてみると三十代や四十代では5人に1人といった割合でAGAを発症しているというデータもあり、総人口に対して5人に1人ということは20パーセントにもなるということになります。年代別にみても20パーセントという数字はかなり多いことになります。

AGAは進行型でありそのまま放置してはいて治るというものではありません。自覚症状が現れにくいということもあり、気づかずにいつの間にか薄毛になっていたということもあります。髪の毛が薄くなり始めても誰かに相談することもできずにそのまま放置しているという人もいるかもしれません。しかしAGAは早めに治療することで治すことができるものでもあります。

AGAは男性によくみられるということで男性ホルモンの影響もあり、男性ホルモンの分泌量が増える年代に症状が現れることがあります。そのため三十代や四十代といった年齢で発症する確率も高くなるということになります。男性ホルモンの分泌量は遺伝するということもあり、その割合としてあまり変わらないということでもあります。

AGA対策をするということは自覚症状が現れにくいということであるため難しく、何か気づきをいれなければなりません。髪の毛に何か変化があると分かれば早めに対策をすることで治すこともできるのでまずは気づくということで日頃から気にかけておくことも大切です。そして早めにヘアケアなどの対策をします。

薄毛になりはじめの症状はどういったものがある?

AGAになると髪の毛が抜けて薄くなってくるのですが、それ以外にも症状があります。自覚症状が現れにくいのですが、これらは見た感じでわかる部分もあるためにそこに早めに気づくことが大切です。AGAの特徴としては髪の毛が薄くなり始める場所があります。一般的に頭の頭頂部と前髪の生え際付近となります。

頭頂部の髪の毛が抜けて円形に薄くなってきたり、前髪の生え際が後退してきているという状況ではかなり進行してきているということになります。それよりも早く気づきを入れておくことが大切です。AGAになると髪の毛が十分に成長しなくなるためにこれまでより細く弱い髪の毛になるのですが、急になるわけではありません。

いつもできていたヘアセットができなくなってきた、髪の毛にボリューム感がなくなってきたと感じた場合は要注意ということになります。髪の毛にはヘアサイクルがあり、これは数年かけて生え変わるというサイクルなのですが、そこで十分に成長することができなくなるために細く弱い髪の毛となるのです。

AGAになると抜けた髪の毛をみてもわかるほど細くなっていることがあります。髪の毛のボリュームがなくなってくるのはこのような細い髪の毛が増えてくるためなのです。これまでハリがあった髪の毛もふんわりした産毛のような感じになってくることもあります。そして髪の毛が細く弱くなることで抜けてしまう髪の毛の量も多くなってしまうのです。

このようにAGAはヘアサイクルが乱れてしまうことで髪の毛が細く弱くなり、抜けやすくなってしまうということです。このような症状を見逃さないことが大切であり早めに対応をすることです。AGAになる割合は多いということ、恥ずかしがらずに治療を早く始めることです。