ヘアケアにおける正しいシャンプーの方法

シャンプーする女性 髪の毛をいたわり健康を保つためには気をつけなければならないことがたくさんあります。その中でも特に頭皮環境に影響を与えやすいのが、洗髪、シャンプーです。

シャンプーを正しく行うことで髪の毛や頭皮を守ることができます。まずは洗髪の前の準備です。髪の毛についた汚れを落とすため、ブラッシングをする事はとても大切です。しっかりとブラッシングをすれば、髪の表面についた汚れやほこりを取ることができます。

髪の毛をシャンプーで洗う前に、まだやることがあります。それは、お湯で十分に髪の毛を流すことです。意外と知らない人も多いですが、シャワーでお湯をかけ表面を洗い流すことで、汚れをかなり取り除くことができます。これをするとしないとでは、その後のシャンプーの効果も変わってきます。髪と頭皮の健康のためには怠らずに行いたいです。

いよいよシャンプーを髪の毛につけて洗っていきますが、シャンプーはよく泡立てることを心がけなければいけません。デリケートな頭皮にシャンプーの直接の刺激は強すぎるので、しっかりと手で泡立ててから髪の毛に乗せます。体育会系の人などは、ボトルからダイレクトに頭につける人もいます。その部分の頭皮が傷むリスクを上げることになってしまうので、これは避けて下さい。最近では、泡立てるための専用の器具なども発売されていますので、慣れない人はそういったグッズを使うのもおすすめです。

しっかりと泡立てたら、髪の毛と頭皮を丁寧に洗っていきます。頭皮を洗うときは、やさしくマッサージをするように洗ってください。力を入れすぎず、指の腹で優しくシャンプーをするのがポイントです。指の爪が頭皮に当たると引っ掻くような形になってしまい、最悪の場合頭皮に傷をつけてしまうこともあります。意識的に指の腹の部分が頭皮に触れるようにシャンプーをしてください。

洗う時は同じ方向ばかりに手を動かすのではなく、縦、横、斜めといろいろな方向から汚れを取ることを心がけると良いです。洗い残しがないよう、余分な皮脂を洗い流すイメージです。

誰でもやりがちな間違ったシャンプーの方法

シャンプーをする時は注意点も多いです。まずはしっかりと準備をすることを怠らないよう毎日心がけてください。

髪の毛や頭皮についた汚れをきちんと洗い流そうという意識が強すぎると、力が入ってしまいがちです。指に力を入れてゴシゴシと頭皮を洗うことは、デリケートな頭皮には刺激が強すぎます。あくまでもやさしく、マッサージをするように洗うことを心がけてください。頭皮は顔の皮膚の延長と捉え、洗顔の時のようにやさしく丁寧に、洗い残しがないように洗うのがコツです。

シャンプーが終わったら、次はすすぎです。すすぎの時も注意すべき点があります。それは、シャンプーの成分を残さずしっかりと洗い流すことです。シャンプーの成分が頭皮に残留しても良い事はありません。きちんと洗い流すためには、十分なお湯の量で、しっかりとシャワーをかけてあげることが大切です。目安としてはシャンプーのヌルヌルが無くなってから、十数秒すすぎの時間にあてるくらいです。

洗い終えた後も大切なので、注意をしてください。タオルを使って頭をゴシゴシと拭いてしまいがちですが、これも髪の毛や頭皮にとっては良いこととは言えません。柔らかいタオルで、水分を拭き取るようにやさしく湿気をとってあげてください。

ドライヤーの熱も、頭皮に優しいとは言えませんが、長く湿気を保ったままにするよりは良いので、上手に使ってください。最近では、髪の毛や頭皮を傷めないようなやさしい熱を発するドライヤーや、髪の毛にもツヤを保つような工夫をしてあるものも多く出ています。これらを使うのも良い選択肢です。

髪の毛と頭皮を健康に保つためには、正しいシャンプーの仕方を知り、日々実践することが大切です。美しい髪の毛と健康的な頭皮を、毎日の積み重ねで守ってください。