プロペシアの副作用についての詳細

薬を飲む人 AGA治療薬として知られるプロペシアは、その副作用として性欲の減退があります。これはプロペシアの作用によるところです。
そもそもプロペシアは有効成分としてフィナステリドが含まれているものであり、このフィナステリドはもともとは前立腺肥大症・前立腺癌の対する治療薬として開発されたものです。しかし、このフィナステリドの作用のひとつに男性型脱毛症(AGA)に対する脱毛抑制効果が見られるようになり、AGA治療薬のプロペシアとして販売されるようになっています。
プロペシアの日本での特許は2015年に切れており、現在ではジェネリック医薬品も発売されており、AGA治療ではスタンダードに使われています。

AGA治療薬としての作用としては、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に転換されるのを阻害するというものです。このジヒドロテストステロンは脱毛を起こさせることが知られており、ジヒドロテストステロンが抑制されることにより脱毛が発生しなくなるというものです。
フィナステリドそのものに発毛効果はありませんが、脱毛の理由となる物質の発生を抑えることによって結果的にAGAを治療することができます。
プロペシアは前立腺肥大症・前立腺癌に使われるものよりも低用量で使われ0.2mgまたは1mgを1日1回服用するというものです。上限は1日1mgであり、服用は男性に限られます。この理由としては女性の脱毛が男性ホルモンによるものではないため、プロペシアを服用しても脱毛に対しての効果は認められません。

一方でプロペシアの副作用としては、男性ホルモンへの影響があります。脱毛の理由であるジヒドロテストステロンを阻害することでAGAの治療には有効ですが、男性ホルモンのテストステロンが減少するといったことにより、男性としての機能が低下し、それがEDや精力減退、精子障害などの生殖機能の低下を招くことが知られています。

プロペシアの副作用で生殖機能が減退してしまう原因

プロペシアの副作用として表示されているのは性欲減退、勃起不全、精子減少があります。
いずれの場合も男性ホルモンのテストステロンへの影響によって発生するものであり精力減退や勃起不全が発生することによって、すなわちEDとなってしまいます。
ただEDを含めた性欲減退のプロペシアの副作用による発症率は2%を切る水準であり勃起不全はさらに小さい数字となっています。発症率が2%というのが高いと見るか低いと見るかは人によって変わってきますが、少なくとも100人中2人に現れる可能性があるということであり、プロペシアを使用するさいには、そのリスクを理解した上で行うことが重要です。このためプロペシアの服用は個人の判断で行うのではなく医師の検査を受け経過観察をもとに行うことが求められます。
ただ一方で薬にはプラシーボ効果というものがあります。プラシーボ効果は思い込みによって発生するもので、このためプロペシアの副作用のことを強く気にすることで返ってプロペシアの副作用ではないにも関わらず、副作用が出る可能性があります。このため、効果を期待する場合には、あまり副作用に関して深く考えることも禁物です。

また精子障害は男性ホルモンに作用することで発生することが考えられます。プロペシアは言ってしまえばホルモン剤として作用するため生殖機能に異常がなくても精子障害が発生する場合があります。このため子作りをする場合には服用を控えて身体から薬の成分が抜けている状態で行うことが求められます。またフィナステリドが、女性の脱毛に効果がありませんが、妊娠をしている場合にはその成分が胎児に対して悪影響を及ぼす場合があります。またフィナステリドは経皮吸収性もあるため特に妊娠活動中の女性は触れる状態を作らないことが重要です。