育毛のためプロペシア注文する男性

男性脱毛症の写真 男性型脱毛症(AGA)を本格的に治療する場合、毛髪の成長サイクルに合わせて長期的に行っていくことが必要になります。
その目安となる治療期間は約6ヶ月とされています。

しかし、AGAの治療薬の代表と言えば「プロペシア」です。
プロペシアは効果があるのでここまで有名になりました。
このプロペシアは保険適用外の場合がほとんどです。
そのため、プロペシアを購入する場合は全額を実費で支払う必要があります。
AGAの治療は長期的な治療が必要なので、治療費はかなり高額になります。
これでは、長期的治療ができるか不安になる方も多いでしょう。

なるべく経済的負担を少なくしてAGA治療を行いたいなら、プロペシアのジェネリック医薬品を使って治療をしていくのがおすすめです。
プロペシアのジェネリックは、プロペシアと同等の効果があるのに価格は数千円も安いため、毎月の負担も軽くなり長く治療を続けられます。

プロペシアジェネリックの効果に違いはある?

プロペシアは、内服タイプの男性型脱毛症(AGA)治療薬です。
元々は、前立腺肥大や前立腺がんを治療するために「プロスカー」という薬名で使用されていました。
プロスカーを服用していた患者さんの中には、前立腺の病気の効果の他に毛髪の成長効果もあったことから、その後AGA治療への研究が行われ、プロペシアが開発されたのです。

プロスカーとは
1992年にアメリカで開発された前立腺治療薬で、主成分のフィナステリドを5mg配合した錠剤として認可されました。

1997年にはフィナステリド1mgの低用量を、AGA治療薬「プロペシア」としての利用が認可されたのです。
現在では、プロペシアは世界60か国以上でAGA治療薬として認可されています。
プロペシアは、前立腺治療薬のプロスカーが開発されなければ、生まれていなかったかもしれない薬でもあり、プロスカーの偶然の産物から発見された薬なのです。

プロペシアの主成分は「フィナステリド」です。
このフィナステリドが、AGAを進行させる要因でもある男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の合成を抑制します。
この働きによって、抜け毛を防ぐことができ薄毛になるのを防止できるのです。

AGAは、男性ホルモンのテストステロンが、ジヒドロテストステロンに変化することで起こりますが、その変化を促進させるのが5α-還元酵素です。
プロペシアを服用することで、主成分のフィナステリドが5α-還元酵素を阻害してDHTに変化するのを抑制する作用があり、効果的にAGAの進行を抑制できます。

プロペシアのジェネリック医薬品に含まれる主成分もフィナステリドです。
現在販売されているプロペシアのジェネリック医薬品下記のようなものがあります。

  • フィンペシア
  • エフペシア
  • フィナック
  • フィナロ

上記医薬品は海外製で、日本製の物には「サワイ」「クラシエ」「トーワ」などがあります。
どの薬も主成分は同じであり、プロペシアと比較しても効果は同等だとされています。

副作用としては、1mgのフィナステリドで胃部不快感や性欲減退などが起こることがあります。
しかし、発現する頻度は6%程度とされており、頻繁に起こるものではありません。
プロペシアとジェネリック医薬品の副作用を比較した場合、特に違いはないとされています。

ジェネリック医薬品を製造する場合、製造特許が切れていても、製法特許や製材特許などが継続されているケースもあります。
そのため、主成分は同じものを使用できても、コーティング剤などはプロペシアと異なっていることがあります。

プロペシアとジェネリック医薬品を比較した場合、主成分や効果という点では違いはありませんが、ジェネリック医薬品によっては、錠剤に使われているコーティング剤などに違いがあります。
ジェネリック医薬品に使用されているコーティング剤の中には、発がん性が疑われている成分を使用しているものもあり、長期使用することで何らかの副作用が起こる可能性があると懸念されています。

プロペシアはアメリカの製薬会社が開発しましたが、ジェネリック医薬品は日本の製薬会社が数社手がけています。
しかし、全てが日本で製造されているわけではありません。
中には、インドの製薬会社が製造したものもあり、それがエフペシア・フィンペシア・フィナロ・フィナックスなどです。

プロペシアの価格は、1mgタイプで28錠入りが7,500円、140錠が35,000円が通常価格となっており、クリニックによっては28錠6,500円、140錠30,000円と、比較的安く提供しているところもあります。
しかし、安くなっても元の価格が高いので、患者さんへの負担は大きいままです。

一方、ジェネリック医薬品の価格は、日本製のものは1mg・28錠で約4500円前後となっています。
プロペシアと比較しても2000円近く安くなります。
更に、インド製のものになると1mg・28錠で3000円を切るものもあり、更に安く購入することができます。

人気のプロペシアジェネリックはどれ?

人気のAGA治療品について説明する医師 プロペシアと同等の効果が得られ、価格は数千円も安くなるジェネリック医薬品は、AGAで悩む多くの男性から人気となっています。
では、実際にジェネリック医薬品を購入する場合、どれが最も人気なのでしょうか?販売実績の多いジェネリック医薬品を比較しながら見ていきましょう。

フィンペシア

フィンペシアは、インドでも最も信頼されている大手製薬会社が開発した薬で、プロペシアの代表的ジェネリック医薬品です。
販売実績が最も多く、購入者のほとんどはこの治療薬をリピートしているほどです。
日本では2005年頃から販売が開始されました。
販売当初は、発がん性が指摘されているコーティング剤が使用されていたため、一時期は人気が落ちてしまいましたが、その後に有害コーティング剤を使わないタイプが登場したことで、また人気が復活しています。
価格は、100錠で約3,000円です。

エフペシア

エフペシアは、フィンペシアと同じ製薬会社が販売している薬で、有害コーティング剤を使用していないジェネリック医薬品になります。
コーティング剤の副作用が懸念され始めたころに登場し、その頃は一番人気となっていましたが、フィンペシアの改良版が登場したことで、エフペシアは個人輸入代行業者のほとんどで取り扱われなくなっています。

フィナロ

フィナロはインドの製薬会社が開発した薬で、フィンペシアとは異なる製薬会社です。
この製薬会社もインドでは有名であり、最近ではイギリスの大手製薬会社とも提携を結んでいます。
フィナロも有害コーティング剤は使用していません。
販売されて間もない薬なので、まだそれほどの販売実績はありません。
価格は、100錠で約2,400円です。

フィナバルド

フィナバルドもインドの製薬会社が開発しており、また別の製薬会社になります。
この2社ほど有名ではないため、低価格にも関わらず販売実績は多くありません。
信頼性・安全性がとても重要なため、多少価格が上がっても大手製薬会社の薬を使用する傾向にあります。
今後知名度が上がれば、販売実績も上がる可能性はあります。
価格は、100錠で約2,950円です。

フィナックス

フィナックスもインドの製薬会社が開発した薬で、これまでの企業とも異なります。
フィナックスは、フィンペシア同様にAGA治療のジェネリックでは有名な薬であり、利用者からの評判も上々です。
価格は、3個セット(90錠)で約3,700円となっています。

プロペシアを購入して治療した場合、安くても28錠で約5,270円です。
1日あたり約190円、年間では約68,300円も掛かる計算になります。
一方、ジェネリック医薬品では、100錠で約2400円~3000円、1日あたり24円~30円で、年間では約8,800円~11,000円で済みます。
単純に考えると、プロペシア1年分の料金があれば、ジェネリック医薬品を7年間使用できるということになります。
この価格差はとても大きいです。

現在、一番人気があり信頼できるジェネリック医薬品は、やはり「フィンペシア」です。
プロペシアのジェネリック医薬品の中では、最も販売実績を持つインドの大手製薬会社が開発しているという点が、大きなポイントとなっています。

海外製の医薬品を購入する際には、十分に信頼できる企業のものを選ぶことが大切です。
中には、劣悪な環境で製造されているものもあり、こうした環境で製造された薬は副作用が心配されます。
世界的にも認められている製薬会社であれば、海外であっても徹底した管理体制が整っており、安心して薬を使用することができます。
特にプロペシアのジェネリックは内服タイプなので、特に注意しなくてはなりません。

フィンペシアは、より低価格なジェネリック医薬品があるにも関わらず人気が高いです。
従って、それだけ信頼性が高いということでもあります。

ジェネリック医薬品は何故安く販売出来る?

ジェネリック医薬品は、プロペシアと同じ有効成分が配合されていて、同じだけの育毛効果が得られるのに、なぜこんなにも安く販売できるのでしょうか?

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品が持つ特許期間が終了した後に、他の製薬会社がそれと同様の成分・効果を持つように製造した、後発医薬品のことです。

新薬を販売するまでには、有効成分の研究・開発や、その成分の効果を確かめる臨床試験、認可取得など様々な過程があり、そのたびに莫大な費用が掛かります。
そうして効果が実証された新薬を売り出すためには、マーケティングも必要となり、更に費用は膨らみます。
これらの費用を回収するためには、薬の料金から徴収する必要があるため、新薬の価格は高額になるわけです。

それに対してジェネリック医薬品は、既に新薬開発の際に有効成分の効果・効能・安全性などが実証されているため、新たに研究・開発、認可取得、マーケティング等を行う必要がなく、その分に掛かる費用を薬の価格に含める必要が無いため、先発医薬品よりも安価に製造できるわけです。

ジェネリック医薬品の販売認可を受けるためには、先発医薬品(プロペシア)と同じ有効成分(フィナステリド)を使用しているかの他、同じ精製条件・強度・投与方法・血中における薬物濃度とその経時的変化であることが求められます。
このため、ジェネリック医薬品は、安価なのに効果・効能は同等レベルになるのです。

ジェネリック医薬品には日本製と海外製がある

ジェネリック医薬品と言っても、日本製か海外製かによっても価格は変わってきます。
日本製のジェネリック医薬品は、主にAGA治療を専門とするクリニックで取り扱われており、価格は28錠で約4,300円~4,800円となっています。
海外製は主にインドで製造されており、価格は100錠で約2,400円~3,000円となっています。

クリニックで日本製のジェネリック医薬品を購入する場合、AGA治療は保険適用外となるほか、診療代も含まれるため料金は比較的高くなります。

一方、海外製の場合は日本では購入することができないため、個人輸入代行業者から購入するようになります。
インド製は特に安価であるほか、海外製は医師の処方は必要ないため日本製よりも安く、100錠が2,400円~3,000円程度で購入できます。
日本製のジェネリック医薬品は、150錠で20,000円程度しますから、海外製がいかに安いかが分かります。

長期の治療になるAGA治療は海外ジェネリックがお勧め

AGA治療は、人によって進行状態や進行速度がそれぞれ異なるため、長期的な治療が必要となる場合が良くあります。
治療の目安となる期間は6ヶ月程度ですが、人によっては年単位で行っていく場合もあり、その期間は継続してAGA治療薬を使用していかなければなりません。

AGA治療では、DHT(ジヒドロテストステロン)の合成を抑制させなければいけないため、途中で治療薬の服用をやめることができません。
プロペシアでの治療は、とても高額となるため一部の人しか継続することは難しいのが現状です。
そのため、AGAで悩む多くの男性は、安価なジェネリック医薬品を使って治療を行っています。

プロペシアのジェネリック医薬品は、インターネットで購入することができます。
購入方法は、医薬品の個人輸入代行を行っている業者を通じて購入する形となります。
個人輸入代行業者の通販サイトにアクセスすることで、購入ができます。

輸入代行業者のサイトを見ると、数種類のプロペシアジェネリック医薬品を取り扱っており、自分に合ったものを選ぶことができます。
ただし、輸入代行業者を利用する場合には、トラブルのない優良業者に依頼することが重要です。
個人輸入代行では、多くのトラブルが発生しているのも事実であるため、そうしたトラブルに遭わないためにも信頼できる業者を選ぶ必要があります。

輸入代行業者を見極めるためには、実際に海外からジェネリック医薬品を購入したことのある人の口コミをチェックしましょう。
日本では、ほとんどの人が利用している輸入代行業者があるので、その業者を利用する方法もおすすめです。